ブログ・住まいサンプル No.1

蚊帳かやの中で目が覚めた。なお半ば夢中であったがおいおいというて人を起した。次の間に寝て居る妹と、座敷に寐て居る虚子とは同時に返事をして起きて来た。虚子は看護のためにゆうべ泊ってくれたのである。雨戸を明ける。蚊帳をはずす。この際余は口の内に一種の不愉快を感ずると共に、のどかわいて全くうるおいのない事を感じたから、用意のために枕許の盆に載せてあった甲州葡萄ぶどうを十粒ほど食った。何ともいえぬ旨さであった。金茎きんけいの露一杯という心持がした。かくてようように眠りがはっきりとめたので、十分に体の不安と苦痛とを感じて来た。今人を呼び起したのも勿論それだけの用はあったので、直ちにうちの者に不浄物を取除とりのけさした。

余は四、五日前より容態が急に変って、今までも殆ど動かす事の出来なかった両脚がにわかに水を持ったようにふくれ上って一分も五厘も動かす事が出来なくなったのである。そろりそろりと臑皿すねざらの下へ手をあてごうて動かして見ようとすると、大磐石だいばんじゃくの如く落着いた脚は非常の苦痛を感ぜねばならぬ。余はしばしば種々の苦痛を経験した事があるが、此度のような非常な苦痛を感ずるのは始めてである。

それがためにこの二、三日は余の苦しみと、家内の騒ぎと、友人の看護かたがた訪い来るなどで、病室には一種不穏の徴を示して居る。昨夜も大勢来て居った友人(碧梧桐へきごとう鼠骨そこつ左千夫さちお秀真ほつまたかし)は帰ってしもうて余らの眠りについたのは一時頃であったが、今朝起きて見ると、足の動かぬ事は前日と同しであるが、昨夜に限って殆ど間断なく熟睡を得たためであるか、精神は非常に安穏であった。顔はすこし南向きになったままちっとも動かれぬ姿勢になって居るのであるが、そのままにガラス障子の外を静かに眺めた。時は六時を過ぎた位であるが、ぼんやりと曇った空は少しの風もない甚だ静かな景色である。窓の前に一間半の高さにかけた竹の棚には葭簀よしずが三枚ばかり載せてあって、その東側から登りかけて居る糸瓜へちまは十本ほどのやつが皆せてしもうて、まだ棚の上までは得取りつかずに居る。花も二、三輪しか咲いていない。